ちょっと役に立つ話

カット0円!カラーやパーマがたったの1,000円!美容院をお得に利用する裏ワザ。

最近でこそ、チェーン展開の価格の安い美容院があちらこちらに進出してきましたが、それでもカット&カラーで3,000~6,000円、パーマもかけるとなると10,000円くらいかかります。

 

食べ物以外にあまりお金を使わない私ですが「美容院には2ヵ月に1回くらいは行きたい派」なので、なんとか美容院を安く利用する方法を探していたら・・・ありました!

そう、カットモデルです。

 

若い頃は街中などで「カットモデルやりませんか?」などと、モノ好きな美容師さんから声をかけられる事もごく稀にありましたが、もうアラフォーのお姉さんにはそうそうお声もかかりません。

 

お声がかからないなら、こちらからお声をかけよう(笑)そう思い、検索してみると結構あるではないですか!

 

ということで、カットモデルとしてお得に美容院を利用する裏ワザを教えちゃいます。

カットモデルとは?

カットモデルとは、新人美容師さん、アシスタント美容師さん、またベテラン美容師さんのカットの練習台になることです。

美容師さん「カットの練習がしたいから、無料(または格安)であなたが練習台になってね」「もし気に入ったら、うちのお店の顧客になってね」ってことです。

 

ちなみに、カットモデルは誰でもなれます。

 

練習台になってくれる人を探している美容師さんと、美容院を安く利用したい人にとっては、まさにwinwinの関係です。

 

尚、どのようなヘアスタイルにしたいかは、だいたいこちらの要望を聞いてくれます。たまに「ボブにしたい人募集」などもありますが。

 

カットモデル募集の探し方。

一番のおすすめはTwitterです。

twitter

「カットモデル  ○○(住んでいる地域)」で検索してみると、自分の住んでいる地域の美容師さんが、Twitter上で「カットモデル募集」とツイートしています。

 

ちょっと古いツイートでも、コメント欄やダイレクトメッセージで「まだ募集してますか?」と聞いてみると、だいたいが募集してます。

 

私はTwitter上の募集から、3名ほどの美容師さんのカットモデルをしました。

 

あと、こちらのminimoというサイトでは、正規の料金の1/3~半額くらいですが、全国のカットモデル募集の情報が掲載されています。

⇒minimo

 

カットモデルの料金について。

自分の身体を張って(←大げさ)練習台になるのですから、本来は無料(カットのみ)です。しかし、カラーリングやパーマをかけるとなると、材料費がかかってしまいますので、1,000~2,000円ほど支払うことになります。

 

予約のやり取りをしている際に「材料費は〇〇円かかります」と教えてくれますので、それ以上請求されることはありません。高いところでは、正規料金の半額くらいです。

 

半額でも十分安いんですけどね(笑)安いからといって何かを売りつけられる、といったこともありませんのでご安心を。

 

カットモデルの時間帯について。

カットモデルとして利用出来る時間帯は、美容師さんが練習する時間帯・・・そう、閉店後もしくは閉店間際です。早いところでは18時以降という募集もありますが、19~20時以降という募集が一番多いです。

 

混雑時のように、途中の工程で雑誌を渡されたまま待たされる、なんてこともなく、それはそれは静かな美容師さんと1対1の時間がゆっくりと流れていきます。たまにベテラン美容師さんが様子を見に来て、アドバイスなんかしていっちゃったりもします。

 

終わったころにはすっかり夜も更けていますが、お得に綺麗になったことで気分良く帰れちゃいます。

 

こんな感じでビフォーアフター写真を撮ってくれます。

このように撮った写真は、美容師さんが個人のTwitterにUPするくらいで、本やチラシに無断で使われたりするようなことはありませんので、そこもご安心を。

 

まとめ。

  1. カットモデルは誰でもなれる。
  2. カットモデルの募集はTwitterで探そう。
  3. お小遣いは2,000円持って行けばOK!

 

こんなに安く美容院を利用できるのですから、一度は試してみる価値大アリです。