レシピ

以前ロケみつで稲垣早希ちゃんが絶賛していた「らるきい」というお店の「ぺぺたま」が食べたくて本物は食べたことないけど作ってみた!

こちらが本物のぺぺたま。

関東に住んでいたころによく見ていた番組のひとつに「ロケみつ*」というのがあります。

*エヴァンゲリオン惣流アスカラングレーのコスプレをした稲垣早希ちゃんが、サイコロを振って出た目の数で進める駅の数や所持金が決まり、目的地までを目指す、というリアル桃鉄のような企画をしていた番組です。

この番組で、早希ちゃんが各地を食べ歩いて一番美味しかったものとして紹介されたのが「らるきい」というお店の「ぺぺたま」というパスタ料理です。

早希ちゃん、本当に美味しそうに食べてました。

 

こちらがその「ぺぺたま」

 

どうしても食べてみたい!!!

フットワークの軽い私ですが、さすがに未踏の地の上に遥か彼方の九州博多までは行くことが出来ず、それでもどうしても食べてみたかったので、それっぽいレシピを検索で見つけたので作ってみました。

すでに30回くらい作っているので、アレンジにアレンジを加えた完全な我流レシピと化しています・・・。

実際にらるきいのぺぺたまを食べたことがある人にとっては全然違う味かもしれません・・・。

きっと本物はもっともっと、ほっぺたが落ちるくらいに美味しいことと思いますが、恐縮ながら私がいつも作っている「ぺぺたま風レシピ」をご紹介したいと思います。

 

こちらが偽物のぺぺたま。

ああ、こうして並べてみると見た目が全然違くてお恥ずかしい・・・。

でも、結構美味しいんです!

初めて作ったころは、ハマりにハマって日に2回とか平気で食べてました(笑)

私と同じように、ぺぺたまに興味を持って「食べてみたい!」という方は、福岡まで食べに行くか、これから紹介するぺぺたま風レシピを参考に自分で作って我慢してください・・・。

 

ぺぺたま風レシピ。

-材料(一人前)-

  • パスタ200g(1.6mmがおすすめ)
  • にんにく2片
  • 卵2個
  • 輪切り唐辛子少々
  • ラー油(唐辛子入りがおすすめ)
  • バター10g程度
  • オリーブオイル少々(エクストラバージンがおすすめ)
  • 白だし大さじ1程度
  • 塩少々
  • ブラックペッパー少々

 

-作り方-

①パスタ用鍋か大きめのフライパンにたっぷりの水と塩少々を入れたら沸騰させます。

②沸騰したら、パスタを入れて標準茹で時間より1分少なめに茹でます。(フライパンの場合はパスタを半分に折る)

③茹でている間に、にんにく1片をスライス、もう1片をみじん切りにし、卵2つは溶き卵にしておきます。

④茹であがったら、茹で汁をおたま1杯分別にとっておき、ザルなどでパスタの湯切りをします。

⑤フライパンに少し多めのオリーブオイルとにんにく、輪切り唐辛子を入れ、にんにくの色が少し変わるまで炒めます。

⑥にんにくがきつね色になったらバターを入れ、バターが溶けたらパスタの茹で汁、白だしを入れ、中火にしてすぐに弱火に戻します。

にんにくが焦げないように注意。

⑦先ほど湯切りしたパスタを入れ、素早く溶き卵、ラー油(1周程度)を入れたら火を止め、余熱でパスタと和えます。

⑧お皿に盛り付け、ブラックペッパーをかけたら完成です。

フライパンの火加減には細心の注意が必要ですが、慣れてくると感覚でいけちゃいます。慣れないうちは、卵が炒り卵になってしまうことも・・・。

 

ででん!

ぜ、全然違う・・・。

 

あ、えーと・・・これはこれで美味しいので、興味のある方は作ってみてください(控えめ)。

 

まとめ。

  1. ぺぺたま美味しい。
  2. 本物食べたことないけどきっと美味しい。
  3. ぺぺたま風も美味しい。
  4. 福岡遠い。

 

今回の執筆にあたり、らるきいについて詳しく調べていたら、有名人の方々も足しげく通っているほど美味しいお店みたいです。ソフトバンクダイエーホークス元監督の王さんは、入院中も病院を抜け出して食べに行っていたとか・・・。

 

本物を食べたい方はこちら

らるきい

月曜~土曜 11:00~15:00、18:00~22:00

日曜・祝日 11:00~15:00、18:00~21:00

福岡県福岡市中央区大手門3-7-9

P無、近隣にコインP有。

℡:092-724-8185